利用範囲は広い

アンテナ

カタログスタンドの利用方法

カタログスタンドの材質はスチール、プラスチック、紙や木など様々な物質でできています。卓上、折りたたみ式、壁掛けから屋外での使用まで用途に合わせて選択し、使用します。移動がスムーズに行えるようキャスターがついたものもありますし、デザイン性に優れたものもあります。卓上に乗せられる大きさから背丈以上のものまでサイズも豊富です。また、壁面がついたものもあり、案内や紹介文などを書いて、カタログ等をアピールすることもできます。 店舗や病院、駅など人の通りがあるところに設置されており、気軽に取ることができます。設置場所は幅広く、様々な情報を得ることが可能です。

設置の意義とその理由

カタログスタンドはカタログやパンフレット、チラシなどの内容を伝えるために設置されます。それは商品やサービスの利用を望む人たちであったり、情報を知ってほしいと考える人であったりするでしょう。 情報を提供する方法には多々ありますが、カタログスタンドを使えば与えたい情報を選びつつ、不特定多数を相手に提供することができます。また一方的に押し付けるのではなく、あくまでも情報を得たいと考える相手が自らの意思で手にするので、自主性を尊重することにもなります。自らの意思で選んだものであるので、より適切な対象者に伝えたい情報を伝達することが可能です。 カタログスタンドには多種多様のタイプがあるので、設置場所にも悩む必要はほとんどないといえるでしょう。